算数の問題でミスを減らすためには「ここがおかしいのではないか」と思う注意力です。この考え方が見つからないと、どうして計算が合わないか、途中で考え方がまとまらない時などに苦労することになります。この点、算数の問題について知っておくことが多くなると、少しの違和感に対しても敏感に反応することができるようになり、ミスを格段と減らすことができます。ぜひ、少し算数の問題でおかしいと感じたところがあれば、それを修正する気持ちを持ってもらうようにすることをお勧めします。

注意力は、なかなか身につけることが難しい分野でもありますが、ある程度訓練を重ねることによって、どうすれば問題を円滑に解くことができるのか、ということを知ることができます。この点を意識しておけば、問題に関しても全体的にどうすれば問題を解けるのか、ということをかなりスピーディに見つけることができます。一定の集中力を持って問題にあたることによって、難しい問題に関しても、格段に回答率を高めることができます。そのまま苦手意識がついてしまうのではなく、出来る限り早めに問題についての対策をしっかりと身につけることによって、解答スピードを格段と高くするようにされてみてはいかがでしょうか。