算数では、色々な単位や計算方法など、日常では見慣れない考え方、つまり算数だけの「概念」が多く登場します。この点をしっかりとお子様が理解していないと、どうやって解くことが良いのか、ということが見つからないままになってしまいます。これは大変危険な傾向であり、どうしても時間がかかってしまい、何からアプローチすればいいのか、ということが分からないままになってしまいます。しっかりと算数の問題では、何から着手すればいいのか、ということを知ることによって、解答のスピードも格段とアップしていくことができますし、どういう問題を解けばいいのか、ということも身近に知ることができるようになります。

概念では、どうしても分かりにくいところも多く、それが苦手意識になってしまっているところもあります。そのような時間的なロスは出来る限り減らして、しっかりと解くための方法を見つけ出せるようにすることをお勧めします。計算全体の問題でも、分からないままにしてしまうと、それが苦手意識につながってしまい、どうしても解けないままになってしまいかねません。安定した問題の解答のためには、どの点を注意して解くのが良いのか、なども含めて、類似問題をしっかりと理解して解けるようにすることをお勧めします。