算数で苦手意識を持ってしまっているお子さんは応用問題を特に避ける傾向があります。しかし、応用問題は算数のテストでは必ず出題される分野でもありますので、正しく解答をする意識を持つことをお勧めします。どうすれば、解答に結び付くのか、ということを冷静に判断できるようになれば、解答の精度は格段と高くすることができますから、ぜひその点を意識してアプローチされるようにしてください。

応用問題については「どのように解けばいいのか」という方法をしっかりと理解し、冷静に問題に着手することによって、解答の精度は格段と高くすることができます。難しい問題についても、正しい解答の方法をしっかりと知っておくようにすれば、多少の難しい応用問題でも冷静に解くことができます。ぜひ、難しい算数の問題でもそれで焦ることなく、しっかりと解くためのプロセスを知っておくようにすれば、解答の精度は格段と高くすることができますから、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

難しい問題もそのまま焦らず、正確に解答を導き出すための方法を知っておくようにすることをお勧めします。そうすれば、解答の精度も格段と高めることができますから、ぜひお子様にも難しい問題を解く意識を持ってもらうようにしてください。