算数では、全ての問題を円滑に解くには膨大な訓練とセンスが必要です。そのことを目指してしまうと、お子様にとって勉強がとても負担になってしまう可能性があります。大切なことは目標の試験に合格するためであり、算数で苦手な問題や分野を作らないことになります。そのためには「解けない」問題がどのようなジャンルであり、何が理由であったのか、ということを知ることから始めることがポイントです。その点を知っておけば、どうすれば解答まで結び付けることが出来るのか、ということを具体的に知ることができるようになります。

解けない問題に関しては、どの部分を意識すれば解くためのプロセスを見つけることが出来るのか、ということを具体的に見つけていくことができます。解答のためには、しっかりと方向性を見つけて、解くための方法を具体的に発見していくことによって、回答率は必然的に高くしていくことができます。

解けない問題をそのままにしておくと、どうしてもそれが理由になってしまい、苦手意識を積み重ねてしまうことになります。その問題がなぜ解けなかったのか、という具体的な理由を知れば、今後、解くためにどうすればいいのか、というプロセスにも役立ちますから、ぜひその点を意識をしてみてください。