算数は基礎的な数のロジックを知っている方の方が、問題についての応用力も高まりますし、どのようなことに対して問われているのか、ということを知るために大きく役立ちます。具体的な例としては、3の倍数であるかどうか、ということは一桁から三桁がある場場合、全てを足した和が3で割り切れるかどうか、ということで判断できます。実はこのような簡単な法則性が数の中には多くありますので、そのような知識を増やしていくことも算数の地力を高める方法としては多いに役立つ方法でもあります。

基礎的な数の知識は、なかなか意識をして問題を解こうと思わないと、身につかない部分でもありますので、なるべく幅広く、数に対しての知識や役立つ部分を多く学びとることによって、対策を講じられるようにしてみてはいかがでしょうか。

基礎的な数についての知識は、出来る限り増やしていく方が、対策も柔軟に進めることができますから、ぜひ早めに数についてお子様と一緒に基礎的なロジックを学ぶ時間を増やすようにしてください。数のことについて、なかなか細かいことを放置してしまい、大雑把な解き方だけにしてしまうと、いつまで経っても実力が身につかないままになるため、要注意です。