少しひねりを利かせた問題や、難解な算数の問題を確実に解答していくためには、想像力を働かせて、どのように解くのが良いのか、ということをイメージすることがポイントになります。具体的に、どのようなアプローチが良いのか、と考えると、色々な方法がイメージされるところですが、実際にポイントを絞って解こうと思えば、必然的に解き方は具体的な解答への道筋を見つけることができます。問題に対して、直観力、解くための具体的なプロセスを見つけることによって、解答を導くことができます。

実は算数の問題はこのセンスが大切であり、最初のこの解答のためのプロセスを具体的に見つけておかないと、なかなか解答のために、何から対策や準備をしていいのか、ということを見つけることが出来ず、問題に苦戦する結果になってしまいます。まずは算数ではどこから解くのが良いのか、という具体的な方向性を見つけることで、解答のためのアプローチを近づけることができますから、ぜひそのための対策をしっかりと講じられるようにしておくことをお勧めいたします。しっかりと対策を講じることによって、解くための方法を見つけることができますから、ぜひそのための準備を怠らないようにすることをお勧めいたします。